​about baby marc

​photographer 杉山 円(madoka sugiyama)

改めまして、baby marc杉山円と申します。

ニューボーンフォト専門のフォトグラファーをしております。

<ニューボーンフォトとの出会い>

以前は、舞台照明の会社に勤務

イベントやライブ、ホールの催し物などの照明の仕事をしていました。

演出や、構成、イメージを再現

色や照度によってイメージを再現していく世界は

とにかく刺激的で勉強の毎日でした。

そして、出産を経て大好きだった仕事を辞め、会社を退社

一人目を出産直後、

生活の一変に「こころ」が全くついていきませんでした

子供との時間も大切にしたいと思いながら、

どこかで社会での自分の居場所を探していた気がします。

そして、二人目を出産後、

産後ママと赤ちゃんのために

「何か」できることはないかなと考え

ベビーマッサージの資格、ベビースキンケアの資格を取得し、お教室を始めました

ベビーマッサージのお教室をしながら、赤ちゃんのお写真、ママと赤ちゃんのお写真を

撮影させていただく機会が増え、写真の魅力にはまっていきました

赤ちゃんのなんとも言えないかわいらしさ、周りをハッピーにする力は本当にすばらしいもの

「もっとはやく撮影してもらえばよかった」、とうれしいお言葉をいただくたびに

もっと早く撮影してあげられる機会はないかなと

日々悶々としていました

そんな時に、出会ったのが「ニューボーンフォト」でした

ある海外ニューボーンフォトアーティストの写真を見て「ビビッ」と衝撃が走りました

産まれてまもない赤ちゃんの神秘的な姿を写真に残す

「ニューボーンフォト」のスタイル、

現実とは少し離れた絵本の世界にいるような

その「アート性」にこころが踊りました

「これだ!」と思い、撮影の仕方など調べてみるものの、

自己流では絶対にできない、やってはいけない撮影だとわかりました

そこで専門家を探しました

当時、日本でのニューボーンフォトグラファーは数人しかいなく

日本でもいち早くニューボーンフォトを始め、第一人者と呼ばれている方

無理を承知で「ワークショップを開催してほしい」とお願いしました

快く引き受けてくださったのが、fotopiaの飯田さんでした

飯田さんには感謝しかありません

私も、自分の子供たちの時に「ニューボーンフォト」があったらよかったと

何度思ったことか。

私と同じように、あとから後悔しないように

「新生児期の見返せる写真」をのこすお手伝いをさせて、いただければと思い

​ニューボーンフォトを学びはじめました

そして今尚、常にお客様、ママさんに最高のニューボーンフォトをお届けできるよう

海外でのオンラインワークショップ、オンライン教材、日本でのニューボーンフォトカレッジを学び

常にアップデートを続けています

私自身も2度の出産を経験しております

少しでもママのお気持ちに寄り添える、

ニューボーンフォト撮影をしたいと

いつも思っております

そして、ニューボーンフォト撮影が

​ご家族の「宝物」のひとつになれたら幸いです

baby marc photographer 杉山 円(Madoka Sugiyama)

静岡県出身

関西にて舞台照明会社に勤務後

第2子出産を期に、ベビーマッサージ、ベビースキンケアの資格を取得

ベビーフォトグラファーに転身

その後、ニューボーンフォトに出会い、第一線で活動をしている

フォトグラファーより直接指導を受け

世界で活躍するニューボーンフォトグラファーのオンライン講座を受講

「アート」として写真を残していく

ニューボーンフォトグラファーとして活動をはじめる

baby marcのHPをご覧いただき、ありがとうございます